レイク審査通過

レイク審査を通過する方法

レイクのカードローンの審査に通過するためには、インターネットや自動契約機などで、ご自身の個人情報を入力して、まずは申込みをします。安定的な収入があり、しっかり返済できることが必要になります。利用対象者は、会社員はもちろん、自営業者でも可能ですし、主婦や学生などでパートやアルバイトをして少しでも収入がある人でも利用することが可能です。また、ご自身の情報を申告する際には、虚偽のない人で、誠実な人が求められます。ぞんざいな対応を取るような人は、信用できないと判断されて、審査に通過することができない場合もあります。また、申込み時点で、他のカードローンなどの利用状況なども調べられます。もし複数の会社からお金を借りているような場合は、返済が難しいと判断されて、審査に通過することはできません。

 

また、過去に返済遅延や借金の踏み倒しなどをしているような人も、返済能力がないと見なされてしまいます。カードローンを利用するということは借金を背負うことです。借金はしっかり毎月返済をしなければなりません。当然たくさん借りれば借りるほど、金利負担分が多くなりますので、借入れの際には、本当にお金が必要な時に借りるようにすることが大切で、借入限度額が高く設定されていても、限度額までお金を借りるようなことがないようにする必要があります。限度額まで借り切ってしまいますと、多重債務者に陥る可能性もあります。レイク審査に通過する方法について以下に説明します。参考にしていただければ幸いです。

レイクの審査の流れ

レイクの審査は、電話やファックスなどでも可能ですが、最も多い利用のケースはインターネットの申込み画面から必要な情報を入力して、審査を受ける場合がほとんどのケースです。審査は、本人確認や会社への在籍確認をした上で、必要な収入条件などを満たしていれば、即日の融資も可能です。特に急ぎでお金が必要な方は、自動契約機を利用されるとよろしいと思います。自動契約機では、その場で審査を受けることができ、その場でカードを受け取ることができるのです。審査の基準は、他の会社と相違はなく、即日審査と即日融資ができるか否かということと、適用金利が若干異なることです。レイクの場合は、申し込んでから最短で30分程度で審査が終了する場合が多いです。ただし人によっては審査に要する時間が長くなる場合があります。365日申込みができますし、平日ならば午後の2時までに本人確認ができれば、即日に指定口座にお金を振り込んでくれます。レイクは新生銀行が運営している会社ですので、銀行のカードローンという位置づけになります。ですから、総量規制という年収の3分の1以上の借入れがありましても、現状の収入状況や他のローンの負担額が少なければ、低金利で融資をしてくれます。はじめてカードローンを利用する際には、より信頼のおける銀行から借入れることが最もよろしいと思います。消費者金融系の会社でもサービスを充実させていますので、短期間借入れて、すぐに返済できるならば、問題はないのですが、どうしても金利が高くなってしまうことや、ヤミ金業者などが存在することが、ネックになります。

利用対象者

レイクのカードローンを利用するためには、満20歳以上で返済時に70歳未満であることが要求されます。また、定職に就いており、年収が一定基準ある人や、他のローンを多く抱えていない方、そして過去に返済遅延などの金融事故を起こしていない方になります。返済をしっかりすることが条件になりますので、以上のような審査基準になります。ですから、会社員はもちろん、パートやアルバイトで収入を得ている主婦の方でも借入れは可能です。しかし、利用限度額は少なくなる場合が多いです。また、レイクには無利息期間が設けられているサービスもあります。このサービスを受けられる人は、はじめてレイクを利用する方で、5万円以内の借入れならば、180日間は無利息で借入れをすることができます。また、5万円を超える借入れをした場合でも30日間であれば無利息になります。5万円以上の借入れをしましても、5万円分の金利はかかりませんので、とてもお得です。初めての利用分にしか適用されませんので、その後に借入れる際には、最大18%の金利(5万円以内の場合は20%、100万円を超える場合は15%)が課せられます。無利息期間内にしっかり返済をしませんと、支払遅延の特別金利が課されますので、返済は計画的にしっかり行う必要があります。また、安定的な収入のない専業主婦などの場合にも、ご主人の収入証明などがあれば、カードローンを利用することができます。

申込み方法

レイクのカードローンの申込みは、パソコンや携帯電話、そして自動契約機などによる方法があります。電話では、不明な点などを相談することができますので、便利ですが、多忙な会社員の方でも、いつでも申込みができるのは、インターネットからの申込みです。借入診断がありますので、まずは診断を受けて、借入れることができることがわかりましたら、申込み画面に必要事項を入力すれば、審査結果がメールまたは、電話で確認することができます。スピード審査を受けることができますので、インターネットの申込みならば、2時までに申込みをすれば、当日に指定口座にお金を振り込んでもらえます。また、自動契約機の場合には、オペレーターを通じて、その場で審査や申込み手続が完了し、すぐにカードを発行してもらうことができ、発行されたカードを利用してすぐに、借入れができます。レイクのATMを利用すれば、夜間や休日に利用しても手数料は無料ですので、いつでも安心して借入れることができます。申込みの内容は、メールアドレスや氏名、住所などの基本的な個人情報と、勤務先、家賃やローンなどです。本人確認をすることが第一になりますので、運転免許証や保険証などを準備しておくことが大切です。書類の送付については、スマホや携帯で撮影したものを、メールに添付して送信すれば良いです。新生銀行が運営するサービスので、総量規制対象外です。ですから、年収の3分の1以上の借入れがあったとしても、一定の基準を満たせばカードローンを利用することができます。

安定した収入があるか否か

レイクのカードローンを利用する場合には、返済がしっかりできるように安定した収入があることが必要になります。そのために、年収や勤務先、勤続年数や家族構成、そして他のローンの有無などを審査されることになります。また、過去の金融取引を信用情報機関から調べます。もし返済遅延や借金の踏み倒しなどの実績がありますと、しっかり返済することができない人と判断されてしまいますので、審査に通ることはありません。会社員で正社員の方は毎月必ず、給料が支払われますので、問題なく融資を受けることができるのですが、主婦や学生の場合には、安定した収入がありません。しかし、パートやアルバイトをしている方は、少なくとも収入がありますので、利用限度額は抑えられるものの、カードローンを利用することができます。返済は、リボルビング払いといい、毎月、借入れ元本と金利分の両方を支払うことになります。元本が多ければ多いほど、金利負担分が多くなりますので、借りすぎないことが重要です。レイクのカードローンを利用する際には、必ず資金の使途を考えて、本当に借入れが必要なのかを考えましょう。そして、どうしても借入れをしなければならない場合には、返済のシミュレーションをしっかりたてて、確実に毎月返済することを忘れないようにしましょう。返済遅延を起こしてしまいますと、ペナルティが課せられます。ご自身の収入に応じて、適切な借入れをするようにしなければなりません。

まじめな人か

レイクからお金を借りる際には、まじめな人か否かが審査されます。インターネットなどで申込みをしますと、本人確認の電話などがありますが、高圧的な態度をとったり、正しい申告をしないような人は利用することができません。まじめであること=しっかり返済をする人と見なされますので、申込み時には、紳士的な対応と虚偽のない申告をするようにする必要があります。少額の借入れの場合には収入証明書などを必要としないため、確認をされることはないですが、他の会社からの借入れなどを聞かれた場合に虚偽の申告をしてしまいますと、信用できない人と疑われてしまうのです。金融機関は、信用情報機関という、個人の金融利用状況を照会することができます。それにより、他の借入れや過去の返済遅延などの金融事故情報はすぐにわかってしまうのです。申告内容が、信用情報機関の内容と異なるようならば、当然借入れはできなくなってしまうのです。お金を借りる際には、計画的な利用をすることに努めることをしっかり認識することと、しっかり返済することを肝に銘じなければなりません。まじめな人で返済遅延などを起こすことはありません。また、お金を貸してもらうのに高圧的な態度をとる人もいません。収入だけではなく、利用者の人格などもしっかり判断されますので、丁寧な対応が必要なのです。まじめな人ならば、正式な契約を取り交わす際にも、しっかりと契約書の内容を把握して、適格な対応をとる人が多いです。

過去に金融事故を起こしていないか

レイクのカードローンを利用する際には、過去に返済遅延や踏み倒しなどの金融事故を起こしていない人でなければ、審査に通ることはできません。当然のことです。しっかり返済をしてくれる人でなければ、安心して融資をすることもできないのです。ただし、うっかり返済期日を忘れてしまい、返済が遅れてしまう人も多いと思います。一度や二度程度の返済遅延で、すぐに返済をするような方は、金融事故として登録されることもないと思うのですが、何度も繰り返し返済遅延を起こしている人は、間違いなく返済をしっかりできない人という烙印を押されてしまうのです。公共料金などの支払いを数か月滞納する人もいますが、借金の滞納をすることは、公共料金の滞納などに比べて、はるかに大きなペナルティが課せられてしまいます。カードローンで金融事故を起こしてしまいますと、本当にローンが必要になる住宅ローンやマイカーローン、そして教育ローンなどを利用できなくなってしまうこともあるのです。ですから、支払遅延を起こしているような方は、数か月はしっかり返済することに努めて、新たにレイクに申込みをするようにしましょう。過去に金融事故を起こしていても、直近でしっかり返済をしていれば、しっかりと評価されて、お金を借りることもできると思います。そして、レイクのカードを持ち、利用限度額が定められても、ズルズルとお金を借りることのないようにしなければなりません。

借入希望額が多額ではないか

レイクで借入れの申込みをする際には借入希望額を確認されます。利用使途を問わないのがカードローンですが、いきなり高額な借入の希望をしますと、審査に通らない可能性が高いです。特にはじめてカードローンを利用する人は、レイクとしても、まずは少額の融資をして、その後の利用状況や返済状況を見て、利用限度額を増額する判断をします。いきなり高額融資をすることは、リスクが高すぎるのです。そもそも、高額なお金が必要な際には、カードローンを利用するのではなく、住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどの目的別ローンを利用する方が、金利の条件も良いのです。審査はしっかりされるのですが、いきなりカードローンからお金を借りることを考えることは得策ではありません。いきなり高額な借入を希望してくる人は、個人事業主などの人が多いと思います。運転資金などが不足して、なんとかつなぎ資金を得たいと思って申し込んでくるのです。しかし、事業資金であれば、政府系の金融機関である日本政策金融公庫などの制度融資を利用すれば良いのです。しっかりと、将来の事業計画を立てて、資金の需要を説明すれば、最も良い条件で、お金をかしてくれるのです。中小企業を応援するのが日本政策金融公庫です。会社が倒産してしまいそうな場合には、すぐに検討をして、緊急融資をしてくれる場合もあるのです。カードローンの金利は高いです。お金を借り入れる手段としては、最終的な方法だと理解すべきです。

 

複数のカードローン会社を利用している場合

レイクのカードローンの審査に通る際の基準として、他のカードローン会社からの借入れなどがないか否かということも大きな要素です。いわゆる、多重債務者は、かなり毎月の返済に窮しているのです。おそらく、すでに利用しているカードローンの返済が難しく、返済のために申込みをしてくる場合が多いです。信用情報機関の情報を照会して、しっかり毎月返済しているようであれば、まだ安心して融資をすることもできると思いますが、複数の会社への返済が滞っているような状態ですと、お金を貸すことは大きなリスクを伴いますので、融資をすることはありません。カードローンは、利用限度額までは、自由にいつでも借りることができますので、最初は、必要な資金だけを借りるのですが、その後は、利用限度額までは、ご自身のお金と勘違いして、借入れをズルズルとしてしまうのです。そうしますと、当然、毎月の返済に窮することになりますので、別のカードローン会社から新たにお金を借りてしまうのです。そして、また新たなカードローン会社の利用限度額まで利用してしまい、別のカードローン会社に申し込むという悪循環が続くのです。そして、今では総量規制といい、基本的には、借入限度額が年収の3分の1までと決められていますので、それ以上の借入ができずに、返済不能となり、自己破産に追い込まれてしまうのです。カードはせめて1枚持ち、万が一、利用限度額を増やしたい場合には、増額のお願いをすべきです。

即日審査と即日融資

レイクでは、即日審査と即日融資をしてくれるサービスを提供しています。銀行のカードローンなので、必要な書類を準備することに時間がかかったり、審査自体に時間がかかる場合が多いのですが、レイクの場合には最短で30分程度で審査が終了して、インターネットからの申込みならば、当日にご自身の指定口座にお金を振り込んでくれるのです。また、自動契約機で申込みをすれば、その場で審査が終了し、カードを発行してもらえるので、すぐにATMからお金を借りることも可能です。急なお金がすぐに必要な際には、とても便利なサービスですので、ぜひレイクを利用すると良いと思います。銀行なので、適用金利が安くなる場合もあります。申込みをしますと、審査を必ず受ける必要があります。収入や、勤務先、勤続年数や家族構成、他のローンの利用状況などを調べられますが、一定の基準をクリアしていれば、利用することが可能なのです。即日審査といえども、本人確認や会社への在籍確認などを行います。ご自身に連絡があることはもちろん、会社へも連絡をしてきます。会社への連絡は、本人が電話に出る必要はなく、他の人が電話に出ても、在籍確認さえとれれば良いのです。会社に電話がかかってくることを嫌う人がいますが、特に会社名は出さずに、個人名で連絡をしてきますので、不安に思う必要はありません。また、正式な契約のために、後日郵送で契約書や申込書が送られてくるのですが、その際にも会社名が記載されていないので、家族に内緒でカードローンを利用している方も安心することができます。